株式会社ビューティコネクション

デリケートゾーン専用のソープって?

お問い合わせはこちら ONLINE STORE

デリケートゾーン専用のソープって?

デリケートゾーン専用のソープって?

2021/11/04

何が違うの?インティメイトウォッシュ

ボディーソープでデリケートゾーンを洗っている方々、是非このブログを読んでいただけたら嬉しいです。

普通のボディーソープや石鹸、デリケートゾーン専用ソープって一体何が違うの?そう思われる方も少なくないと思います。今日は、ソープ選びの重要性と、何が一体違うのかを書きたいと思います。

通常のボディーソープ、石鹸は、やはりpHが高くアルカリ性に偏りがちです。通常、石鹸は大体pH7~8, 弱酸性と言われているソープでも、pH6くらいだそうです。私たちの肌のpH値は5です。ちなみに、酸っぱいレモンなどの酸性と言われるpHは3.5くらいです。

皆さんは、デリケートゾーンを洗った時に、ヒリヒリしたり、痛みを感じたことはありませんか?ナプキンや下着でかぶれを起こしている時などは、皮膚が敏感になっていて、ソープが負担になることもあります。そんな時でも、pH5のデオドックなら、安心して快適に使っていただけます。もし、デリケート用ソープがない時は、お湯で洗いましょう。合わないソープを使うと、症状が悪化したり、菌などに感染してしまったりしまう場合があります。また、乾燥の原因にもなり、乾燥から引き起こされる様々な症状の原因となってしまいます。デリケートゾーンの皮膚はお顔と同じ皮膚です。お顔と同じくらいケアしてあげてくださいね。デオドックのウォッシュは毎日たった1プッシュ。デリケートゾーンを洗うだけなので、ほんの少量でオッケーです。手のひらで泡だてて、優しく外部を洗ってください。そのあとは、お湯でしっかりとすすぎましょう。1本で約2〜3ヶ月使えます。

pH以外にも、全ての成分、製品をデリケートゾーンでテストしている、低アレルギー処方となっており、香料も低刺激性の香料を厳選して使用しています。また、化粧品原料として、長きにわたり使われていて、データも使用歴も十分にある成分により処方されており、E Uで規制されている26のアレルゲン物質は、全て排除された処方となっております。EUの規制は、世界の中でも非常に厳しく、その基準をクリアした信頼できる製品となっております。

香りは、バスタイムをリラックスして快適な気分で楽しめる、3つの香りです。フレッシュココナッツ、バイオレットコットン、そしてジャスミンペアー。お気に入りの香りがきっと見つかると思います。無香料もいいけれど、安心処方なら、香りがあるほうが断然いいですよね。気分が安らいで、バスタイムをさらにランクアップさせてくれる、そんな香りのラインナップです。

ボトルのデザインも、バスルームにぴったりの優しいパステルトーンのストライプ。ポンプタイプなので、最後まで衛生的でとても使いやすい設計です。ボディーソープでいいんじゃない?と思っていた貴方も、今日からソープを変えて見ませんか?

デオドックの詳細は、こちらまで。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。