株式会社ビューティコネクション

デリケートゾーンケアのあれこれ、聞きました!

お問い合わせはこちら ONLINE STORE

デリケートゾーンケアのあれこれ、聞きました!

デリケートゾーンケアのあれこれ、聞きました!

2021/11/01

デオドックの開発者、ブランドオーナーに聞きました。

実は知らなかった、デリケートゾーンケア

デオドックは医師により開発された、スウェーデン発のデリケートゾーンケアブランドです。

最近はフェムテック、デリケートゾーン、セクシャルウェルネスなどなど、いろんな情報が検索できるようになってきました。先日のZoomでのミーティングで、本社のハスティ姉妹(デオドックのブランドオーナー)に色々話を聞きました。妹のヘディエは泌尿器科の医師です。産婦人科の先生と一緒にこのデオドックの処方開発をしています。

まずは、基本的な質問、疑問を解決すべく、彼女たちにインタビューしたので、ブログに書きたいと思います。

(1)デリケートゾーンのソープを選ぶ際に気をつけることは?

いろいろなタイプがありますが、大事なのは肌にとって優しいということ。ナプキンや下着などの摩擦によって、デリケートゾーンがかぶれを起こしたり腫れてしまった経験はありませんか?特にそのような時に、ソープの選択はとても重要です。大事なことは、低アレルギー処方であるかということと、製品のpHが皮膚のpHとほぼ同じ『5』に調整されているかということ。デオドックのインティメイトウォッシュは、そのような場合でも肌に刺激を与えないような処方になっているので、ヒリヒリしたり洗浄剤で痛みを伴ったりすることはありません。もし、専用ソープがない場合は、お湯で優しく洗う方がいいとのことです。

(2)膣の中は洗っていいの?

これは絶対にNGです。膣の中は、本来自浄作用があるそうです。なので洗浄剤などで洗うことは良い菌までも殺してしまう可能性があるので、バランスが崩れてしまう原因になってしまいます。またそのために、炎症を起こしてしまったり、菌に感染してしまったりすることがあるので、洗う部分は、外部のみです。

(3)デリケートゾーンは保湿したほうがいいの?

お顔と同じように、デリケートゾーンの皮膚も乾燥します。なので、保湿しましょう。冬は特にお顔と同じく乾燥が気になりますよね。あまり分からなくても乾燥しているので、保湿は大切です。ただ、デリケートゾーン専用の保湿剤を使いましょう。乳液タイプ、オイルタイプ、バームタイプなどいろいろなものが発売されていますが、好きな香り、好きな使い心地、テクスチャーなどご自身のお好みで製品を選んでください。特にビキニケアをした時は、しっかり保湿し、ビキニラインの保湿も忘れずに。

(4)その他のアドバイス

皆さんは、ご自分のお顔を毎日必ず鏡で見ますよね。顔色や、手触り、ゴワツいてるなぁ、柔らかくなったなぁ。とか感じますよね。デリケートゾーンも毎日(じゃなくてもできる限り頻繁に)チェックしてみてください。皮膚の色や乾燥など、だんだん目で見てわかるようになってくるそうです。色がいつもと違う、少し赤くなっている、とか乾燥している感じがするとか。鏡を手に持って覗いてみると、よく見えます><今日から始めてみませんか?

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。